« Mac 自分史w | トップページ | Mac 自分史w その2 »

2006.04.20

ときどき無性に喰いたくなるもの

というのが、誰にでも有ると思う。
自分の場合、それは「お好み焼き」と「たこ焼き」である。
(正確に言えばたこ焼きより明石焼の方が好きだが)

学生時代を含め、5年ほど京都にいた事があるが、どうやらその時にはまってしまったようだ。
さすがに食べ歩く事は無かったが、週に一度は大阪までお好み焼きのために通ったものである。

だが、長野に帰ってきてがっかりしたのは、やはりと言うべきかまともなお好み焼き屋が無かった事だった。いろいろ探したが、どの店も旨いとはお世辞にも言えなかった。(要求が高杉か?)
が、灯台元暗しとはこの事を言うのだろうか、当時住んでいた地域(塩田平とだけ書いておく)のなかに一件旨い店があった。久々に本場の味を堪能した。そこの主人は年に何回か大阪まで出かけて食べ歩きをすることで、常に大阪の味を確認しているのだとか。
最近はなかなか行く機会が無いので、なんとか都合をつけて行きたいところであるが、最近はどうしているだろうか?
(店の屋号は教えてあげませんw)
さすがに「明石焼」は、それを出してくれる所すら無かったりする。きっと知っている人も少ないのだろうな、このあたりは。

で、この間どうしてもお好み焼きが食べたくなって、近所の店(お好み焼き屋というよりもんじゃ焼き屋)に出かけたが、やっぱり失望して帰ってきた。もう二度とあの店には行かない。

というわけで、つまらない事でフラストレーションを溜め込んでいるのであったw


ところで、東京人を敵に廻すつもりは無いが、一言だけ、、、





「もんじゃ焼きなんて人の食うもんじゃない」と隣席で焼いているのを横目で見ながら、、、
だって、○ロじゃない?あれって。

|

« Mac 自分史w | トップページ | Mac 自分史w その2 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25461/9675249

この記事へのトラックバック一覧です: ときどき無性に喰いたくなるもの:

« Mac 自分史w | トップページ | Mac 自分史w その2 »